Sky7F1.com

ARTICLE PAGE

バリチェロ、タイトルを諦めていない

ブラウンGPのルーベンス・バリチェロは、チームメートでポイントリーダーのジェンソン・バトンに、追いつくことを諦めていないことを語りました。

「(ジェンソンと僕は)ふたりでロスのオフィスに行って、自由に戦いたいと言った。ジェンソンにとっても、僕にとっても、ロスにとっても、これはすごくいいことだった。僕のフェラーリ時代とは違ってね。計算上そうなる(終わる)までは、まだまだ(自由)だ。(状況が変化するのは)ほんの一瞬のことだし、僕は経験 を積んでいるので、冷静だよ」
「(シルバーストンでは)勝つことだけを狙っているんじゃない。ハットトリックを狙っているんだ。ファステストラップ、ポールポジション……すべてが欲しい」(AUTOSPORTSより)


バリチェロは認めたくはないでしょうが、もう限界でしょう。
トルコGPでは、スタートに失敗し、無理なオーバーテイクでマシンを壊し、最後はリタイヤ。相当な波乱がない限り、実力で勝てるドライバーではないでしょうね。