ウィリアムズ:中嶋一貴、真のドライバーズサーキットの1つ 

ウィリアムズトヨタの中嶋一貴は、第2のホームGPとなるイギリスGPで、今期初入賞を目指します。

ウィリアムズトヨタ: 中嶋一貴
「シルバーストンは、僕たちがレースをする古いサーキットのひとつですし、オリジナルレイアウトが多く保たれていますね。数少ない真のドライバーズサーキットの1つだと思います。したがって、予想されるようにマシンとタイヤにとても厳しいサーキットですが、主にはタイヤですね。
高速コーナーのすべてがタイヤ に多くの負荷をかけるので、それらには本当に気をつけなければなりません。天気にも注意しなければなりませんね。

シルバーストンに行くのは本当に楽しみです。ここ数年、オックスフォードに住んでいるので、イギリスGPは日本に次いでホームレースのようなものです。イギリスのファンは、本当にF1を愛していると思うし、それが熱狂的な週末にされるので、トルコよりは活気があるでしょうね!
ウィリアムズはシルバーストンで多くの歴史がありますし、1979年に初勝利をあげ、100勝目をあげた場所でもあるので、チームにとっては特別な週末でもあります。」


トルコGPでは、ピットのミスにより7位入賞を逃した中嶋一貴。
イギリスGPでも、トルコのような安定した走りで、入賞に近づいてもらいたいものです。