FIA、FOTA離脱後の新エントリーリストを発表へ! 

FIAは、FOTAの新シリーズ立ち上げについてのコメントを発表しました。

「FIAはFOTAの最新のプレス声明の内容を理解した。FOTAがこのスポーツの利益のために和解に達することができないことに、FIAは失望しているが、これに驚いてはいない。
FOTAの一部が、長期にわたる交渉期間を通してこの結果を求めており、議論への誠実な取り組みを行ってこなかったことは明らかである。

FIAは選手権において経済の軍拡競争が行われることを許すわけにはいかない。また、FIAはFOTAにF1の規則を決定することを許すこともできない。
今夜、2010年FIA F1世界選手権への無条件エントリーの期限が切れる。2010年FIA F1世界選手権のエントリーリストは明日発表する予定である」(プレスリリースより)


条件付きエントリーの5チーム(BMW、ブラウン、マクラーレン、ルノー、トヨタ)が、エントリーリストに載ることはないとして、無条件エントリー扱いの3チーム(フェラーリ、レッドブル、トロロッソ)を、無理矢理正式エントリーとしてしまうのかが、最大のポイントとなりそうです。

2010F1新エントリーリスト(暫定)
ウィリアムズ・TBA
フォースインディア・TBA
カンポス・コスワース
マノー・コスワース
チームUSF1・コスワース
補欠の新規F1チーム
※TBAは、エンジン未決定

古豪のウィリアムズだけでは、F1(モズレー&バーニー)は失うものが大きすぎるのではないでしょうか。

追記:
FOTA、特にフェラーリに対して、法的な措置を取ると警告。最終的なエントリーリスト発表は延期されました。