フェラーリ、これ以上劇的にクルマを変えることは難しい 

フェラーリは、2009年シーズン用マシンF60の開発を断念し、2010年シーズン用マシンF2010(仮)の開発に集中するようです。

「今後のレースでパフォーマンスを改善させる自信はあるが、そうは言ってもテストが出来ないシーズンで劇的にクルマを変えることは、不可能でないにしろ非常に難しいものだ」と、フェラーリ社長のルカ・ディ・モンテツェモーロは語った。「残念ながら、我々はあいまいなルールとともにシーズンをスタートした。 正しい解釈を得るのが難しく、その証拠としてF1ワールドチャンピオンシップを勝ち取ったフェラーリ、マクラーレン、ルノーの3チームは同様にルールを解釈し、かつてほどの競争力を失っている」(GP Updateより)


2008年は、シーズン8勝でコンストラクターズタイトルを獲得したフェラーリ。
Bスペックといえるほど改良されたF60でも、ブラウンGP&レッドブルの2強に追いつくことは出来ませんでした。

フェラーリは、シーズン中の1勝ではなく、コンストラクターズタイトルを期待されるチームなので、今シーズンを諦めるのは賢明な判断といえそうです。