ARTICLE PAGE


ハンガリーGP決勝:KERS搭載のハミルトンが今季初優勝!!

2009年F1第10戦ハンガリーGPの決勝レースが終了しました。

マクラーレンのハミルトンが、スタートを決めると危なげなくレースを展開し、今季初優勝。今年限りの技術と見られるKERS搭載車が初優勝を達成。

2位は、フェラーリのライコネン。今期のマシン開発を終える段階で、好結果。
3位は、レッドブルのウェーバー。ドライバースランキング2位に浮上。
4位は、ウィリアムズトヨタのロズベルグ。
5位は、マクラーレンのコバライネン。


本来のトップチームが速さを見せる中で、完全に中断に呑み込まれてしまったブラウンGPは、バトンが7位で貴重な2ポイントを獲得。バリチェロは、10位。

何かがを起こるハンガリーで、ポールポジションスタートだったルノーのアロンソは、タイヤをうまく装着せずにピットアウト。走行中にタイヤが外れ、最終的にはリタイヤ。
レッドブルのベッテルは、マシントラブルで痛恨のリタイヤ。

日本勢は、トヨタのグロックが6位、トゥルーリが8位。予選のミスが悔やまれるも、ダブル入賞を達成。
ウィリアムズトヨタの中嶋一貴は、今回も惜しい9位。
完走17台でした。


低速コーナリングサーキットの暑いレースで、イギリスGPでは絶望的だったハミルトンが、ライバルの離脱もあり優勝を飾りました。マクラーレンが今後も速さを見せれば、新2強との争いが楽しみになりそうです。

一貴は、序盤にバトンを押さえ込めれば、入賞も見えていました。ただ、それが出来ないのが一貴なのでしょう、何とも悔しい結果です。


夏休暇を終えて再開されるヨーロッパGP(ヴァレンシア市街地コース)は、8月23日に決勝レースを迎えます。