2022年第69回マカオGP:テレビ放送/ネット配信配信予定 

2022年も、ローカルレースで代替開催見込みです。

第69回 マカオ・グランプリ 2022:テレビ放送/ネット配信予定
■公式サイト:澳門格蘭披治大賽車
開催日:2022年11月18~20日
開催レース
開催なし:F3ワールドカップ、GTワールドカップ、WTCR
無料ライブ配信

厳しい規制が続いていて、国際レースは3年連続開催中止。
※2020年・21年は、中国F4などローカルレースで、代替開催。

■テレビ放送/ネット配信:JSPORTS/オンデマンド
F3ワールドカップ:(2019年まで)
GTワールドカップ:(2019年まで)
WTCR:(2019年まで)
代替レース:中継なし(2020・2021年)

主要レースを生中継していましたが、22年も開催中止。
※20・21年は、メインレースですら中国F4なので、放送せず。

■無料放送:BSフジ
F3ハイライト:(2019年まで)

F3を、JSPORTSと共同放送していましたが、22年も開催中止。
※20・21年は、F3開催中止なので、放送なし。
続きを読む

2022年WTCR:テレビ放送/インターネット配信予定 

WTCRも、JSPORTSが放送/配信しています。

2022年WTCR:開幕戦 フランス
■有料放送/配信:JSPORTS/オンデマンド
□全戦の決勝を放送/配信

WTCC時代から放送/配信していて、2022年も継続。
※JSPORTSが、放送を続けてくれているので、検討ください。
続きを読む

2022年DTM ドイツツーリングカー選手権:テレビ放送予定 

DTMも、JSPORTSが放送/配信しています。

ドイツツーリングカー選手権2022:第3戦 イモラ
■テレビ放送/ネット配信:JSPORTS/オンデマンド
□全戦の決勝を放送/配信

F1系を除く、多くのモータースポーツ中継=JSPORTSとなり、DTMも放送/配信。
※クラス1規定破綻後も、放送を続けてくれているので、検討ください。

■公式配信:DTM公式YouTube
□フリー走行・予選を無料ライブ配信
□ハイライトなど、各種動画も配信

決勝レースは、Japan=J SPORTSとなり、無料ライブ配信なし。
続きを読む

2022年ルマン24時間レース:テレビ放送/ネット配信予定 

ルマン24時間レース=JSPORTSとなり、テレビ朝日が無料放送します。

FIA WEC(世界耐久選手権)2022:第3戦 ル・マン24時間レース
■有料放送/配信:JSPORTS/オンデマンド
決勝:6月11日(土) 22:30~12日(日) 24:00 独占生中継/ライブ配信
ハイライト番組:6月26日(日) 22:00 初回
ル・マン24時間レースの舞台裏:7月23日(土) 22:00 初回

WEC初年度からJSPORTS独占中継となり、テレビ放送でも24時間フルライブ。
※公式Twitterにて、2023年ルマン24時間レースの放送予定ありを公表済。

■地上波民放/無料配信:テレビ朝日、メーテレ、TVerなど
EXITのモータースポーツ応援宣言:毎週日曜日 22:55~23:00(テレ朝)

22年度は、WRCとWECの番組となったため、2分番組とは言え、無料放送復活。
※無料BS放送なし、地上波テレビ朝日の無料生中継は2003年頃終了。

■公式ネット配信:FIA WEC
□有料LIVE配信(1220円/iOSの場合)
□ハイライトなどを無料配信

F1やWRC同格の最高峰FIA世界選手権でもあり、WECも無料ライブ配信なし。
※日本語実況解説があるJSPORTSが無難ですが、日本からも契約可能。

■無料ネット配信:TOYOTA GAZOO Racing
オンボード映像:生配信

22年も、YouTube LIVEでオンボード映像を無料生配信 (中継映像なし)。
※中継映像を見たい方は、JSPORTSの契約を検討ください。
続きを読む

2022年富士24時間レース:テレビ放送/ネット配信予定 

富士24時間は、JSPORTS×S耐TVで、無料生中継します。

スーパー耐久2022:第2戦 富士24時間レース
■BS/CSテレビ放送:JSPORTS
スタート:6月4日(土) 14:30-20:30 無料生中継
夜~朝:テレビ放送予定なし
ゴール:6月5日(日) 10:00-16:00 無料生中継

24時間レース中継=JSPORTSとなり、富士24時間は無料生放送。
※S耐唯一のテレビ放送となり、その他S耐は放送なし(S耐TVあり)。

■公式無料配信:S耐TV×JSPORTS
予選など:中継なし
決勝:6月4日(土) 12:30~無料ライブ配信

運営自ら無料ライブ配信している事が特徴で、22年も24時間フル無料ライブ。
※アマチュア主体なので、これからも無料ライブを続けていく予定。

■スポーツ観戦アプリ:SpoLive
□ライブ配信

2022年は、次世代スポーツ観戦アプリ「スポライブ」を導入。
続きを読む