2019年F1グランプリ:フジテレビ放送/DAZN配信予定 

2016年から、フジテレビ/スカパー!DAZNNHKが、放送/配信しています。

2019年F1グランプリ 第4戦:アゼルバイジャンGP
■テレビ放送/ネット配信:フジテレビNEXT/smart・スカチャン4K
フリー走行1:4月26日(金) 17:50~LIVE
フリー走行2:4月26日(金) 21:50~LIVE
フリー走行3:4月27日(土) 18:50~LIVE
公式予選:4月27日(土) 21:50~LIVE
決勝:4月28日(日) 20:30~LIVE

■スポーツチャンネル:DAZN
□DAZNも、全戦全セッションLIVE配信

■公共放送:NHK BS1
□ワースポ×MLBで、ハイライトを放送

■無料放送:なし
BSフジ:年1回(2016年から日本GP鈴鹿のみ)
地上波:ダイジェストなども、2015年完全終了

CMスポンサー(企業)もTV離れが進み『深夜番組500万円など』予算削減の時代に、
F1の放映権料『1戦10000万(1億)円超』と言われていて、復活見込みなしです。

DAZN for docomoなら月980円+税で、F1も見放題なので検討ください。
テレビ放送で見続けたい方は、スカパー!などからフジテレビNEXTを契約ください。

F1:放映権動向
1987年~2015年:フジテレビ
2016年~2022年:FOXスポーツ・アジア→アジア各国の放送局

Jリーグ放映権:スカパー!(1年・約50億円) VS DAZN(10年・約2100億円)のように、
フジテレビ(日本だけ)は、大型契約のFOX(アジア地区一括購入)に敗れています。

2016年より、FOXから放映権を買う形となり、DAZNとNHKが新規参入しています。
フジテレビも、有料サービス用の放映権を購入し、有料中継を続けています。

無料放送も、FOXに金を支払えば可能で、HONDA、Redbullに期待するのみです。
2022年まではFOXなので、HONDAが金を出さない限り、無料放送出来ません。

F1:テレビ放送/インターネット配信体制
民放:フジテレビ
1987年から33年連続・全戦放送となり、2019年もCS放送で全戦完全生中継。

2019年のインターネット配信権を獲得し、4年振りに有料ネット配信を再開。
放送加入者向けの無料ネット配信も、制限が無くなり、完全無料LIVE配信

無料放送は、BSフジでの日本GP中継のみとなり、地上波は2015年完全終了。
2019年も、BSフジでの日本GP中継は、HONDAが提供すると思われますが、不明。

有料テレビ放送:スカパー!
2019年は、フジテレビと共同で、4K放送を開始。

有料ネット配信:DAZN
2016年からインターネット配信権を保有し、2019年も全戦全セッションをLIVE配信。
オンボードカメラ、ライブタイミングモニタ、トラッカーのF1ZONEも、配信。

公共放送:NHK BS1
2016年から放映権を獲得し、ワースポ×MLBで、数分のハイライトを放送。

公式無料ネット配信:FORMULA 1 YouTube
ハイライトを始め、多彩な動画を無料配信。

公式ストリーミング配信:F1 TV Pro
日本やイギリスなど、既存のテレビ放送/配信サービスがある国では、サービス対象外。

※F1を見たい方は、スカパー!・フジテレビNEXTDAZNの契約を検討ください。