2023年モータースポーツ:テレビ放送局/配信サービス中継体制一覧 

注意: 間違い、見逃し可能性あり。

2023年モータースポーツ:テレビ放送局/配信サービス中継体制一覧
<有料サービス>
JSPORTS
WRC 世界ラリー選手権
WEC 世界耐久選手権
フォーミュラE
SUPER GT
FIMスーパーバイク世界選手権
デイトナ24時間、ルマン24時間、スパ24時間など
ダカールラリーなど

<2023年確認中>
スーパーフォーミュラ
新生DTM(旧DTM)
GTワールドチャレンジ・アジア
TCRワールドツアー(旧WTCR)
エクストリームE
EWC 世界耐久選手権/鈴鹿8耐
ニュル24時間、富士24時間など

F1以外の主要なモータースポーツ放映権を保有するため、第1の選択肢。
※JSPORTSオンデマンドのモータースポーツパックなら、月1980円。

フジテレビNEXT
<2022年放送実績(2023年確認中)>
FIA F1

F1しか興味が無い場合、DAZNより圧倒的に安い月1320円。
※フジテレビNEXT+JSPORTSで、主要モータースポーツを視聴可能。

DAZN
ナイトロ ラリークロス

<2022年配信実績(2023年確認中)>
FIA F1
FIA F2
FIA F3
Wシリーズ
エクストリームE
ポルシェ・スーパーカップ
Eスクーターチャンピオンシップ

F2/F3まで生中継するのはDAZNだけですが、2月14日から月3700円。
※DAZN+JSPORTSで、メジャー競技、マイナー競技を多数視聴可能。

日テレジータス、Hulu
MotoGP

日テレ系列独占となり、ジータス(月1100円)、Hulu(月1026円)で生中継。
※日テレG+放送継続のため、日テレ傘下のHuluも継続見込み。

GAORA
インディカー/インディ500

インディ500を除き、GAORA独占中継となり、月1320円。
※インディ500のみ、NHK BS1が録画放送(2022年時)。


<NHK+無料放送など>
NHK BS1
<過去の放送実績>
・インディ500
・ラリージャパン、WRCのダイジェスト番組
・特番:HONDAのF1挑戦やルマン24時間など

NHKは、モータースポーツ関連番組を制作し、BS1で不定期放送。
※2022年は、インディ500に加え、ラリージャパン最終SSも録画中継。

日本テレビ/BS日テレ
MotoGP(2022年)

BSでの無料放送に加え、まれに地上波(関東ローカル)でも放送。
※22年は、日本GPをBS日テレで生中継、関東ローカルで録画放送。

テレビ朝日
EXITのモータースポーツ応援宣言

唯一の地上波レギュラー番組となり、WRCとWECの番組。
※22年は、ラリージャパンの地上波大型特番を全国放送。

BSフジ
フォーミュラE
Go ON!NEXTサーキットで会いましょう(2022年)

放映権料の高額なF1から撤退後、現在はFEを無料放送中。
※テレビ離れによる放送局の衰退もあり、F1の復活見込みなし。

テレビ東京
・終了済

GTA(主催者)が、DX化(デジタル重視)のため、スーパーGTプラスは、打ち切り。
※現在は、スーパーGT公式YouTubeでバラエティ企画や録画中継を実施。

TBS
・なし

BS松竹東急
・鈴鹿8耐を無料生中継(2022年)

22年は、BS松竹東急が無料生放送。
※BS12やBS日テレは、過去の放送局となり、放送なし。

エスタイテレビ
・スーパー耐久

YouTubeの公式チャンネルで、S耐の決勝レースを無料生中継

その他
<2022年の放送実績>
テレビ愛知:激走!ラリーTV、新城ラリー2022
名古屋テレビ(メ~テレ):ラリージャパン

※ローカル局は、他の番組を放送している可能性あり。